MY LIFE 2020  輝きの女たち

「なりたい」を実現、望んだ男子を出産
イメージングとアロマで人生が好転した

那賀 恵さん
cabon coMPany 35(カボン・カンパニー・サンゴ)代表

 5才と17才のママ。7年のシングルマザーを経て40才で再婚。41才の時、2人目の子どもを出産した。高齢出産に不安はなかった。安産の情報をイメージトレーニング。夫、娘が見守るなか2時間で望んでいた男の子を産んだ。
 終始、笑顔が絶えない。澄んだ少女のような瞳だ。臼杵高校を卒業後、福岡のファッション専門学校に入学。アパレル業界で働き結婚。その後、地元にUターン。離婚後は市営住宅に住み1人娘を育てながら奮闘の毎日。「私の人生はこんなものなのか」。
 友人に誘われて大分で開かれたセラピストの第一人者、尾崎里美さんの講演会へ行った。「五感を使いなりたい自分をイメージする」「想像力があれば叶わないことはない」。潜在意識を呼びさます講演の話に引き込まれた。1年間セミナーを受講。次の1年は淡路島に通いジーニウス認定イメージトレーナー講師の資格を取得した。
 「なりたい自分」に掲げたのは「もう一度、結婚して男の子を産みたい」。再婚相手は同郷の同級生。ホテルでシェフとして働く彼からのメールで出会い結婚。家族と一緒に、望んだ出産が実現した。小学生の長女も「立ち会いたい」と希望した。「リアルにイメージした方が具現化できます」。
 家族の健康第一に暮らすなかでメディカルアロマ(米国・ドテラ社)を知る。保育園に通う長男の病弱が改善していくなかで商品の良さを体験。同社のアロマタッチテクニック・ディプロマ取得。悩んでいるママたちとの輪が広がり自宅に「カボン・カンパニー・35」を開設。全国にメンバー(生徒)は350人。今日の表紙撮影の着物は兵庫県のメンバーからのプレゼント。着付けは生徒が協力してくれた。「幸せ」に包まれた「うれしい時間」になった。
 イメージトレーニングは「その気にさせること」。まず自身が「幸せでいること」という。サロンに集まるママたちが「幸せで元気で楽しく子育てができる、ホンネで語り合える場所」にしたい。自分の夢を実現する場、自分の人生をあきらめず才能を開花させる場に。自身の体験を通して「自分を信じること」の大切さを語る。
 次のなりたい自分は夫の「レストランを持つ」目標をサポートすること。今は自宅で知り合いにランチを提供しながらイクメンをやってくれていることに感謝の毎日だ。
 ふわっとした空気をまとい、自身の体験を通して小さな子どもを抱えたママたちに「ごきげん」を伝授する。1人のセラピストとの出会いが人生の舵を大きく切り好転させた。今度は「自分を愛し、今、幸せになろうよ」と、イメージングとメディカルアロマでママたちの日常の暮らしを豊かにする。



あなたの身近な「ひと」の情報をお寄せ下さい。

過去1年間の表紙の人たちを見る