MY LIFE 2019
輝きの女たち
渡辺 雪乃さん




イ ベ ン ト レ ポ ー ト


■楽しく集う青い山脈会・新年会
2月5日、グレーススクエアガーデンで青い山脈の新年会が開かれた。ゲストは中国四川省に伝わる伝統芸能の「変面」を音楽にのって演じるミスターシュガーさん。料理は1階にあるフランス料理「プティアリサ」。の矢上シェフが腕をふるうパーティメニュー。よく飲み、よく食べ、よく語り合い『青い山脈』の合唱で閉会した。(2月5日)


■筑後吉井白壁の町と柿狩日帰りバスツアー
早朝、裏庭に美しく霜の花を咲かせる女神〝青女〟が宿る霜降月の11月。2年振りの本誌企画ツアーを11月11日に行った。参加者は男女24人。舞台は筑後吉井町。昼食は大正末期築の古民家レストラン「白花綜」、内山農園で撓に実った富有柿狩を楽しみ、耳納連山の麓に立地した胡麻焼酎蔵「紅乙女酒造」で試飲を嘗めた。(11月11日)


■旬のふぐ料理と秋あがりを味わう会
11月16日、晩秋の宵。本誌の呼びかけで中央町若草公園西側の「ふぐ良茶屋」に粋なモガ、モボ52人が集まり「ふぐちり」「ふぐ刺し」「ふぐ雑炊」の旬を味わった。酒は地酒の銘酒西の関の「秋あがり」「美吟」「滴酒」「清明」等々。開宴からひととき会場は、まさに咲(わら)うかのように頬ほんのに紅葉美人に染っていた。(11月16日)


■維新の郷 湯田温泉と萩の城下町
今年は維新150年。女性大分「銀花倶楽部オリジナルツアー」第48回は維新の郷・湯田温泉と萩の城下町を9月28日1泊2日の日程で楽しんだ。男女17人が参加した。1日目は松下村塾、明倫学舎での昼食、西の雅・常盤で宿泊。2日目は雨模様だったが、国宝瑠璃光寺五重塔等を観光、門司港レトロの名物焼きカレーを味わい帰途についた。(9月28日)


■海辺のDISCO NIGHT 2018
70年代から80年代のディスコミュージックが踊る人も聴く人も熱くした8月24日。大分市内のトップスビッツホールで「海辺のディスコナイト2018」が開かれた。プロデュースはディスコ界のカリスマDJ丸田珠璃さん。40〜50代を中心に、上は70〜80代まで約350人の”若もの”の熱気に包まれた。(8月24日)

 ※クリックすると、詳細が表示されます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:097-534-3610  FAX:097-534-3669
メール:jom-21@josei-oita.jp

企画お申し込みフォーム


 ■3月号■
第11回プラチナフェア3月7日
魅力的な話し方やヨガレッスン

銀花世代恒例の新春イベント。ゲストによるトーク、マネープラン、実践トレーニング等を予定。ベリーダンスも楽しめる。レクチャー後はお茶タイムも。
第3回大分はつらつフェスタ3月30日
講演会や落語、音楽ライブ…

立命館アジア太平洋大学(APU)学長出口治明氏、聴潮閣企画室室長高橋鴿子氏による講演会。小ホールでは落語や音楽ライブも。
BUNGO新喜劇
大分から「笑い」を発信!

昨年BUNGO新喜劇を立ち上げたビッグスマイル・プロモーションが旗揚げ公演「偉人異人?奇人喜人?時空奮闘記」を3月16日、17日にJ:COMホルトホール大分大ホールで上演する。
暮しもっと素敵
優しさは伝播するね

東京で暮らすライターのまなべようこさんが綴るエッセー。暮しを素敵にする言葉の数々…。
豊乃国美人の昭和史
女性初の県教育委員「稲田香苗」

昭和の大恐慌下、細民街で地域に一身を投入して活動し、日夜かけ巡って実習奉仕につとめた香苗。戦後、朝昼夕と駆け回る彼女の顔には「度衆生心」の微笑がたえたことがない。
街のいろどり
レトロな空間、絵本カフェ「みちくさ」

まるでレトロな絵本の森に迷い込んだような店内、「ぐりとぐらのカステラ」を再現したパンケーキ。府内町の県総合庁舎南通りにある絵本カフェ「みちくさ」。
イベントセレクト
映画、ギャラリー、コンサート等

2月23日より公開映画「私は、マリア・カラス」。3月19日コーラスグループ「フォレスタコンサートin大分」。3月24日松田龍平の舞台初主演「イーハトーボの劇列車」。。
昭和ぶるーす
一世を風靡した男性美容師たちの彩り

シザーカットでリードする「サスーン」をメインとした男性のヘア・クリエーターが多く誕生。この時代の潮流の中、理美容界の若者で結成された『ヘア・クリエイト・スタジオ』。
温故知新
多様化と異文化に満ちた中心街で

「パルコ」が大分進出してきたのは42年前の昭和52年、この頃の中心街は物販から飲食まで多文化の小売店で〝共生商圏〟を構築していた。
日々百景
『噂の真相』の〝岡留イズム〟沖縄に死す

反権力、反権威のジャーナリズムを貫き、H16年に惜しまれながら休刊した月刊誌『噂の真相』の編集長岡留安則さんが1月31日、移住した沖縄で右上葉肺がんで死去した。



連載
■3月の運勢 『春分の夜の満月を愛でよう。』/Beth深春
コラム
■メディアチェック『退化した女子学生らの防衛本能。ネットの闇に潜む醜い犯罪者』
■紅の筆『「身構える」考』
エッセー
Masukoの「元気の部屋」 vol.94
『日々の行動パターン変えて健康維持を』/塚田益子(カーブス大分代表)



詳しくは月刊「JOSEI OITA」をお求め下さい。
発行
毎月25日
規格
A4版・カラー・16ページ
購読料
年間購読料・・・2,000円  自由時間クラブ「銀花」会員(50才以上)・・・2,000円
販売
1部 200円  ※晃星堂で販売中
購読のお申し込みは TEL:097-534-3610 FAX:097-534-3669 mail:jom-21@josei-oita.jp