MY LIFE 2020
輝きの女たち
三浦 すみれさん




イ ベ ン ト レ ポ ー ト


■講演会に元気な青い山脈世代200名集う
「わたしたち元気!健康寿命をのばそう」をスローガンに青い山脈会が毎年開催する「第4回大分はつらつフェスタ」が1月20日ホルトホール大分小ホールで開かれた。講演会の講師は評論家の樋口恵子さん(87)。具体的なデータをあげながら、人生100年のセカンドステージ「女と男の生き方探検」を話した。(1月20日)


■60代~80代輝きのファッションショー
「シニア世代を元気に!」を活動テーマにする青い山脈会が1月20日ホルトホール大分小ホールで開催した「第4回大分大分はつらつフェスタ」。「ナイスガイ・ナイスレディファッションショー」にでは、地元で音楽活動をする方達とセッション。エントランスでは「美と健康相談・くらし楽しむ展」が3日にわたって開かれた。(1月20日)


■「泣いた赤おに」で笑った銀花忘年会
竹町広場から中央町商店街へ曲がってすぐ西へ走った通称相生通り。この一画、若草公園側へ抜けたビルの狭間「奥の細道」に立地した酒バー「泣いた赤おに」で12月9日18時から『銀花忘年会』が開かれ、男女17人が参加した。飲み放題、カラオケ放題、料理の持ち込みに、「歳月は人を待たず」の詩を実感させられた忘年の夜だった。(12月9日)


■銀花くらぶ「秋あがりとふぐちりを愉しむ会」
この秋恒例、西の関「秋あがりとふぐちりを楽しむ会」が9月26日、中央町のふぐ良別館で開かれた。懐かしい昭和時代の“車座”宴会に63名が参加。31年物の超辛口“えんとつ”や竹田蔵の豊後清明も全て飲み干し、日本酒を味わう定番メニューに酒もすすんだ。「いや~車座もたまにはいいね~」と素直な感想。(9月26日)

■銀花くらぶ「西の関ひやを愉しむ会」
日本酒とフランス料理のマッチングを味わう「西の関ひやを愉しむ会」が7月5日、フランス料理レストラン「プティアリサ」で開かれた。女性大分と萱島酒造の共催で開く夏恒例のイベント。今年は日本酒が好きな男女40名が参加。参加者には本誌創刊と同年代の夫婦もおり、各テーブル毎に楽しい会話が弾んだ。(7月5日)


 ※クリックすると、詳細が表示されます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:097-534-3610  FAX:097-534-3669
メール:jom-21@josei-oita.jp

企画お申し込みフォーム


 ■7月号■
紙上ショッピング
銀花世代にお届けする便利なお買いもの

ほしい〜なと思いながら出かけて行く機会をついつい逃してしまう…そんなあなたへお届けする「お買いもの」案内。信頼できるお店で求めるあの一品この一品をご紹介。
きょうも晴れ!にじいろ回覧板
ひとり出版社・夏葉社の10年

島田潤一郎さんがひとり出版社・夏葉社を立ち上げて10年。『古くてあたらしい仕事』を著した。起業した理由の大きな一つが、親友だった従兄を事故で亡くし、一編の詩に出会ったことだった。
With コロナ「新しい生活」を考える
炙りだされた「わたし」の問題

長期にわたるコロナ禍。これからの私たちの生活は何が変わり、何を求められるのか。東京都市大学名誉教授・中原秀樹氏に聞いた。
芸能・文化トピックス
カフェのよう晃星堂新店舗

創業75年。〝街の本屋さん〟として親しまれてきた晃星堂書店本店町店が4月末で閉店。すぐ近くのカフェ跡地に移転オープンした。
あの時 あの頃の輝き
鶴崎商店街〝黄金期〟の面白ショップ

昭和40年代から50年代、鶴崎は町から街への発展を予見し、大いに活性していた。客席をブランコにした喫茶や座敷に屋台を設けた居酒屋等、多彩な店が軒を並べていた。
美味しい・こみゅにてぃ
孤食を防ぐ出会いと交流の場

大分市錦町沿線沿いに「長浜食堂」が6月4日オープンした。地域の70歳以上が切り盛りし、家庭料理のベテランたちが作る一品一品はどれもやさしい味で美味しい。
結城真の想い出ぼろぼろ
ミスワールド日本代表、女優も昭和50年代の豊後美人

昭和61年6月29日、ポカリスエットイメージガール九州大会が行われた。大分県から中高生3人が選出され、審査員には本誌木村編集長が出席した。
暮らしもっと素敵
今年の夏が行く

東京で暮らすライターのまなべようこさんが綴るエッセー。暮らしを素敵にする言葉の数々…。
フラッシュバック2003
海外で働く大分出身の女性たち

ハワイを永住の地に「天職」の不動産業で大成功したジニー・三千代・フォガティさん。生石町で書店を営んでいた渡辺昭通さん・マリ子さん夫妻、ニュージーランドへ移住。
Beth深春のタロット占い
7月の運勢「蒸し暑さ対策は万全に。」

西洋占星術・数秘術・タロットカードを組み合わせてサクッと答えるBeth深春さんの占い。



連載
■昭和ドキュメンタリー異聞 『残り炎』(5)
コラム
■メディアプラス『コロナ禍で見えた政治家の中身! SNS匿名中傷犯罪に断を下せるか』
■紅の筆『性格の不一致』
エッセー
Masukoの「元気の部屋」 vol.110
『再会を喜び触れあう日常を取り戻したい』/塚田益子(カーブス大分代表)



詳しくは月刊「JOSEI OITA」をお求め下さい。
発行
毎月25日
規格
A4版・カラー・16ページ
購読料
年間購読料・・・2,500円  自由時間クラブ「銀花」会員(50才以上)・・・2,500円
販売
1部 200円  ※晃星堂で販売中
購読のお申し込みは TEL:097-534-3610 FAX:097-534-3669 mail:jom-21@josei-oita.jp