MY LIFE 2021
輝きの女たち
橋場 亜矢さん




イ ベ ン ト レ ポ ー ト


■3密を避け「秋あがりと旬の会席膳」を味わった至福の夜
春にできたお酒が一夏を越して熟成し、旨味がグッと乗ってくる酒「秋あがり」を楽しむ会が10月23日に開かれた。料理は夏と同じ会場の本格会席。豊潤なうま味と会席料理が調和し酒がすすむ。会の締めくくりにはジャンケン大会もあり勝者には記念品を進呈。来年はコロナが終息することを皆で願い閉会した。(10月23日)

■「ひやの会」久しぶりの再開かみしめる
毎年夏恒例「西の関ひやと旬の創作料理を味わう会」を7月30日JR九州ホテルブラッサム大分8F庭の食卓「四季」で開いた。女性大分主催のイベントは実に7ヵ月ぶり。コロナ禍の折、3密をさけ、会場は通常12名の席に5人が着席。参加者33名が間隔を置いて久しぶりの会を楽しんだ。(7月30日)


■講演会に元気な青い山脈世代200名集う
「わたしたち元気!健康寿命をのばそう」をスローガンに青い山脈会が毎年開催する「第4回大分はつらつフェスタ」が1月20日ホルトホール大分小ホールで開かれた。講演会の講師は評論家の樋口恵子さん(87)。具体的なデータをあげながら、人生100年のセカンドステージ「女と男の生き方探検」を話した。(1月20日)


■60代~80代輝きのファッションショー
「シニア世代を元気に!」を活動テーマにする青い山脈会が1月20日ホルトホール大分小ホールで開催した「第4回大分大分はつらつフェスタ」。「ナイスガイ・ナイスレディファッションショー」にでは、地元で音楽活動をする方達とセッション。エントランスでは「美と健康相談・くらし楽しむ展」が3日にわたって開かれた。(1月20日)


■「泣いた赤おに」で笑った銀花忘年会
竹町広場から中央町商店街へ曲がってすぐ西へ走った通称相生通り。この一画、若草公園側へ抜けたビルの狭間「奥の細道」に立地した酒バー「泣いた赤おに」で12月9日18時から『銀花忘年会』が開かれ、男女17人が参加した。飲み放題、カラオケ放題、料理の持ち込みに、「歳月は人を待たず」の詩を実感させられた忘年の夜だった。(12月9日)


 ※クリックすると、詳細が表示されます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:097-534-3610  FAX:097-534-3669
メール:jom-21@josei-oita.jp

企画お申し込みフォーム


 ■4月号■
日々百景
結城真という男の生き様

新聞記者の世界に身を投じた22才から62年。ただひたすらに一直線を走る活動のなかで生まれたのは「マンネリを打ち破る知恵」だった。
きょうも晴れ!にじいろ回覧板
伊藤裕美子さん4月に企画展

日出町大神で「アトリエミモザ」を主宰する伊藤裕美子さんが4月1日~30日まで由布院駅アートホールで企画展「時空(とき)の森」を開く。
あんな話こんな話ホットライン
竹町商店街西口に「タケニシテラス」

竹町商店街西口にちょっと一息つける場所「タケニシテラス」が3月22日オープンした。店内はテイクアウト専門の店が3店ある。
昭和を彩った男たち
街の活性化に影響与えたサブカルチャー

昭和40年代から50年にかけた大分の街はダイバーシティに満ちていた。その昭和時代の彩りを創った3人のトップランナーをアップ。
あの時、あの頃の輝きもう一度
越中おはら風の盆・北陸路2泊3日の旅

日本固有の文化がぎっしり詰まった北陸路ルート。森光子、芭蕉、竹下夢二が通った芸者の町は、ロマンにあふれていた。
芸能・文化トピックス
生歌でコロナ禍を越えて行け!

大分が育てた歌い人たちが「コロナ禍の今」を歌う「歌い人列伝Ⅱ」が4月18日13時30分からJCOMホルトホール大分小ホールである。
イベントセレクト
映画、ギャラリー、コンサート等

4月17日より公開映画「椿の庭」、5月29日「ワンコインリレーコンサートVol.1 ドニゼッティ作曲オペラ『リタ』」他。
暮らしもっと素敵
予測不可能

東京で暮らすライターのまなべようこさんが綴るエッセー。暮らしを素敵にする言葉の数々…。
平成時代の彩り 平成4年
30年前、大分の街づくり・街おこし

日本・ポルトガル友好450周年記念行事「ポルトガルフェスタ」。大分もいよいよテレビ3局時代へ、10月1日OAB大分朝日放送が開局。
Beth深春のタロット占い
4月の運勢「明るい話題を心掛けて。」

西洋占星術・数秘術・タロットカードを組み合わせてサクッと答えるBeth深春さんの占い。



連載
■昭和ドキュメンタリー異聞 『残り炎』(14)
コラム
■メディアプラス『異論を排した報道のバッシングに思う。民主主義を壊しかねないメディア』
■紅の筆『「モシモシ、お久し振り」』
エッセー
Masukoの「元気の部屋」 vol.119
『マネジメントを学んだ先に「やりたい」がある』/塚田益子(カーブス大分代表)



詳しくは月刊「JOSEI OITA」をお求め下さい。
発行
毎月25日
規格
A4版・カラー・16ページ
購読料
年間購読料・・・2,500円  自由時間クラブ「銀花」会員(50才以上)・・・2,500円
販売
1部 200円  ※晃星堂で販売中
購読のお申し込みは TEL:097-534-3610 FAX:097-534-3669 mail:jom-21@josei-oita.jp