クローズアップ2018
輝きの女たち
時枝 幸子さん




イ ベ ン ト レ ポ ー ト


■銀花倶楽部のおしゃれ着物フォト「変身フォト企画」
桜の季節、おしゃれに着物フォトを楽しむ銀花倶楽部の「変身フォト企画」が4月上旬、グレーススクエアガーデンで開かれた。それぞれの着物に合ったヘア・メイク・着付はベテラン美容師の技。アングルやシチュエーションを変えてプロのカメラマンによる撮影。このあと1階カフェでお茶を楽しみながら話に花が咲いた。(4月5日)


■第94回「料理とお酒を愉しむヨイナカ会」
春の酒楼はインスタ映えし、季節の酒肴味わい胸襟が開く。本誌主催の酒と料理を愉しむ「ヨイナカ会」を3月12日「ザ・ブリッジ」で行なった。この日は〈歌舞の菩薩〉だという。参加者は男女41名。東北の銘酒や鹿児島の芋焼酎片手に鰆の幽庵焼き、国産牛ローストビーフ、チラシ寿司等々8品を味わった。(3月12日)

■第10回プラチナフェア
この先どう生きるかー銀花世代恒例の第10回プラチナフェアが3月8日、グレーススクエアガーデンで開かれた。今回のテーマは「新しいコトにチャレンジする1年に!」。4人のゲストによるトークやストレッチ、ダンスを体験。日々の暮らしをもっと楽しく、ワクワクする新しい出会いと交流を楽しんだ。(3月8日)


■銀花倶楽部新年会
1月6日、気心知れた”銀花族”が集まり、都町3丁目の和風スナック「五万石」で新年会を開いた。60〜70代の”銀花族”にとって、酒屋での交流は心の拠ともなっている。この日、カウンターには、刺身の盛り合わせなど大皿に盛られた料理がずらり。大いに飲み、大いに語り、大いにカラオケして心身に活力を与えた。(1月6日)


■青い山脈会「異業種交流忘年会」
今年1年の活動を締めくくる異業種交流忘年会を12月19日にトキハ会館ローズの間で開いた。この日の参加者は約70名。ゲストはイケメン落語家の入船亭小辰さん。卓盛料理を囲んでのパーティー。カラオケ、お楽しみ抽選会、青い山脈の大合唱。会場いっぱいの輪になってジェンカを踊り。心も体もポカポカする忘年会だった。(12月19日)



 ※クリックすると、詳細が表示されます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:097-534-3610  FAX:097-534-3669
メール:jom-21@josei-oita.jp

企画お申し込みフォーム


 ■6月号■
ふぐ良茶屋ビア・バール
百花繚乱!The NABE Bar

6月1日から9月30日まで、ふぐ良茶屋ビア・バールが開催。今年は100種類の小鍋が週替わりで登場。もちろん毎年大好評のミニふぐ刺し、美味しい料理を気軽に楽しめるバイキング食べ放題も。
オオイタ・クラシック座
ルーテル大分教会でコンサート

大分高等学校音楽科卒業生の3人によるグループ「オオイタ・クラシック座」のコンサートが6月30日(土)16時から日本福音ルーテル大分教会で開かれる。
美味しい・こみゅにてぃ
稲葉藩5万石の城下町「臼杵」へ

5月3日、たまには列車でちょっと遠出を、ということになり、臼杵へ出かけた。旅気分で昼から弾む旨酒肴。微酔機嫌で古い家並を散策。
旬のNEWS
モデルやタレントを養成「MINEプロダクション」

「海外ビジネスに通用するモデルや人材を育てたい」と夢を語る峯洋子さん。株式会社「旬佳人」を5月16日設立。代表として新しい一歩を踏み出した。
想い出ギャラリー
13年間通った日田の屋形船バラエティー

夏の風物詩、日田三隈川の屋形船を愉しむ本誌主催の「屋形船宴遊会」。粋狂をみせた人たちが今では懐かしい。
かべ新聞
社長賞18回受賞の伝説の営業ウーマン

証券大手の大和証券で「伝説の営業」を呼ばれていた藤井政子さん(64)が定年退職。その活躍振りが4月24日付朝日新聞経済面で大きく紹介された。
日々百景
4年後の今も後を引く「うどん」出し汁

ユネスコ文化遺産の無形文化遺産に登録された「和食」のルーツは大阪料理。大阪道頓堀の『今井』本店で賞味したきつねうどんが今も後を引く。
6月のイベント、映画情報
コンサート、ステージ、ギャラリー等

カンヌ映画祭で最高賞「パルムドール」賞を受賞した映画「万引き家族」、今号表紙を飾った時枝幸子さんピアノリサイタル、USA/宇佐フェス等。
あんな話こんな話ホットライン
大分チェロ軍団がアベイロを訪問

今年は大分市・アベイロ市(ポルトガル)姉妹都市提携40周年。それを記念して大分チェロ軍団がアベイロ市を訪問する。
あの頃ぶるーす
多彩な文化と文明が融和した「佐賀」

江戸時代、長崎と結び「肥前の国」と呼ばれた鍋島藩36万石の城下町『佐賀』。心身を癒す唐津・嬉野温泉の風趣。



連載
■6月の運勢『夏に備えた体作りを』/Beth深春
コラム
■メディアチェック『この時代だからこそ性教育が必要。“劣化”する家庭・地方議会!』
■紅の筆『バカだねぇ』
エッセー
Masukoの「元気の部屋」 vol.85
『自分に合った筋トレで健康を手に入れましょう』/塚田益子(カーブス大分代表)



詳しくは月刊「JOSEI OITA」をお求め下さい。
発行
毎月25日
規格
A4版・カラー・16ページ
購読料
年間購読料・・・2,000円  自由時間クラブ「銀花」会員(50才以上)・・・2,000円
販売
1部 200円  ※晃星堂で販売中
購読のお申し込みは TEL:097-534-3610 FAX:097-534-3669 mail:jom-21@josei-oita.jp