MY LIFE 2019
輝きの女たち
山路 しのぶさん




イ ベ ン ト レ ポ ー ト


■気ままに12回目のべっぷ路地裏ぶらり
女性大分が読者に呼びかけてきた息抜きの一つ「美味しいこみゅにてぃ/べっぷ路地裏ぶらり」。4月20日、7人で大分駅16時12分発杵築行き鈍行で別府へ。駅市場〜流川通り〜楠町の貸席跡をカフェにした「アホロートル」を経て旧銀座銀天通りのカフェ「カラーズ」、八坂横丁の小料理店「日出」で各々飲食を味わった。(4月20日))


■わたしたち元気!愉しかった「大分はつらつフェスタ」
青い山脈会が毎年開催する「第3回大分はつらつフェスタ」が3月30日、J:COMホルトホール大分で開かれた。「人生をもっと面白くする」講演会、落語や寸劇などの笑い、子供が主役の三世代交流ステージ、音楽ライブなど終日、楽しいイベントが繰り広げられ多くの来場者でにぎわった。エントランスでは「くらし楽しむ展」も開かれた。(3月30日)


■銀花くらぶ「第11回プラチナフェア」
銀花世代の出会いと交流を楽しむ「第11回プラチナフェア」が3月7日(木)グレーススクエアガーデンで開かれた。ゲストによる魅力的な話し方、身心を豊かにするヨガ、老後のマネーメーキング、全身運動のベリーダンス。賢く学んだあとはお茶タイム。新しい発見もあり、新たな可能性にチャレンジする気づきやきっかけにワクワクした。(3月7日)

■楽しく集う青い山脈会・新年会
2月5日、グレーススクエアガーデンで青い山脈の新年会が開かれた。ゲストは中国四川省に伝わる伝統芸能の「変面」を音楽にのって演じるミスターシュガーさん。料理は1階にあるフランス料理「プティアリサ」。矢上シェフが腕をふるうパーティメニュー。よく飲み、よく食べ、よく語り合い『青い山脈』の合唱で閉会した。(2月5日)


■筑後吉井白壁の町と柿狩日帰りバスツアー
早朝、裏庭に美しく霜の花を咲かせる女神〝青女〟が宿る霜降月の11月。2年振りの本誌企画ツアーを11月11日に行った。参加者は男女24人。舞台は筑後吉井町。昼食は大正末期築の古民家レストラン「白花綜」、内山農園で撓に実った富有柿狩を楽しみ、耳納連山の麓に立地した胡麻焼酎蔵「紅乙女酒造」で試飲を嘗めた。(11月11日)


 ※クリックすると、詳細が表示されます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:097-534-3610  FAX:097-534-3669
メール:jom-21@josei-oita.jp

企画お申し込みフォーム


 ■6月号■
一緒になって充実の店舗
利点生かし充実のメニュー、品揃え

ふぐ専門店のふぐ良「茶屋」と「別館」が統合し、新メニューがスタート。資生堂化粧品専門店「モデルハタノ」がエステサロン「素肌美容はたの」へ移転、総合美容サロンとして営業。
先生お・し・え・て
健診で悪玉コレステロールが異常に高い

会社の定期健診で「LDLコレステロール」が異常に高いと診断され、放っておくとどんな病気をひきおこすのか。深川内科クリニックの深川院長に聞いた。
あんな話こんな話ホットライン
輝く笑顔「バリアフリー・ファッションショー」

体の特性に応じそれぞれ障害にあった服をおしゃれに着てステージに立った「バリアフリー・ファッションショー」が5月12日コンパルホールで開かれた。
街のいろどり
懐しさ蘇る老舗レコード店「エトウ南海堂」

昨年8月20日、中央町商店街に移転オープン。後継者の長男夫婦と衰退する別府から県都大分市に望みを託す。
大輪の如く
ヴィーナス美容室創業者「河野シズ子」さん

ヴィーナス美容室院長で明星美容学校校長の肩書きを持った河野シズ子さん。女手一つで〝ヴィーナス王国〟築く、未来を拓いた温さと意志の強さ。
6月27日・ホルトホール大分
瀧廉太郎メモリアルコンサート

喜多宏丞氏のピアノ演奏と後藤智江さん振付けの創作舞踊。
イベントセレクト
映画、ギャラリー、コンサート等

6月22日より公開映画「コレット」、6月27日「わが心の瀧廉太郎~メモリアル・コンサート2019」、6月24日「色えんぴつAQUA&菊池正剛『2019色鉛筆細密画展』」。
暮しもっと素敵
六月の雨の日に

東京で暮らすライターのまなべようこさんが綴るエッセー。暮しを素敵にする言葉の数々…。
ロマンウェーブ
毅い女たちの凄じい生き様に感銘

才能と教養でエロスを迸るほどの情熱で凄じい生き様をみせた女たちがいる。男女平等より以前の「人間平等」というヒューマニズムの精神が流れていたようにもある。
昭和ぶるーす
「コンニチワ赤ちゃん」46年前、写真コンテスト

中心街に進出してきた藤本電器と組んだ『赤ちゃん写真コンテスト』。156点の作品からプロカメラマンらによって30点を選出。昭和48年10月1日号に掲載した。



連載
■6月の運勢 『梅雨時こそ口関連のケアを』/Beth深春
コラム
■メディアチェック『一人当りの国内生産26位へ転落。 競争の原理忘れた事なかれ主義』
■紅の筆『倚りかからず』
エッセー
Masukoの「元気の部屋」 vol.97
『新元号「令和」は女性ビジネス躍進の時代』/塚田益子(カーブス大分代表)



詳しくは月刊「JOSEI OITA」をお求め下さい。
発行
毎月25日
規格
A4版・カラー・16ページ
購読料
年間購読料・・・2,000円  自由時間クラブ「銀花」会員(50才以上)・・・2,000円
販売
1部 200円  ※晃星堂で販売中
購読のお申し込みは TEL:097-534-3610 FAX:097-534-3669 mail:jom-21@josei-oita.jp