MY LIFE 2020
輝きの女たち
須藤 里美さん




イ ベ ン ト レ ポ ー ト


■3密を避け「秋あがりと旬の会席膳」を味わった至福の夜
春にできたお酒が一夏を越して熟成し、旨味がグッと乗ってくる酒「秋あがり」を楽しむ会が10月23日に開かれた。料理は夏と同じ会場の本格会席。豊潤なうま味と会席料理が調和し酒がすすむ。会の締めくくりにはジャンケン大会もあり勝者には記念品を進呈。来年はコロナが終息することを皆で願い閉会した。(10月23日)

■「ひやの会」久しぶりの再開かみしめる
毎年夏恒例「西の関ひやと旬の創作料理を味わう会」を7月30日JR九州ホテルブラッサム大分8F庭の食卓「四季」で開いた。女性大分主催のイベントは実に7ヵ月ぶり。コロナ禍の折、3密をさけ、会場は通常12名の席に5人が着席。参加者33名が間隔を置いて久しぶりの会を楽しんだ。(7月30日)


■講演会に元気な青い山脈世代200名集う
「わたしたち元気!健康寿命をのばそう」をスローガンに青い山脈会が毎年開催する「第4回大分はつらつフェスタ」が1月20日ホルトホール大分小ホールで開かれた。講演会の講師は評論家の樋口恵子さん(87)。具体的なデータをあげながら、人生100年のセカンドステージ「女と男の生き方探検」を話した。(1月20日)


■60代~80代輝きのファッションショー
「シニア世代を元気に!」を活動テーマにする青い山脈会が1月20日ホルトホール大分小ホールで開催した「第4回大分大分はつらつフェスタ」。「ナイスガイ・ナイスレディファッションショー」にでは、地元で音楽活動をする方達とセッション。エントランスでは「美と健康相談・くらし楽しむ展」が3日にわたって開かれた。(1月20日)


■「泣いた赤おに」で笑った銀花忘年会
竹町広場から中央町商店街へ曲がってすぐ西へ走った通称相生通り。この一画、若草公園側へ抜けたビルの狭間「奥の細道」に立地した酒バー「泣いた赤おに」で12月9日18時から『銀花忘年会』が開かれ、男女17人が参加した。飲み放題、カラオケ放題、料理の持ち込みに、「歳月は人を待たず」の詩を実感させられた忘年の夜だった。(12月9日)


 ※クリックすると、詳細が表示されます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:097-534-3610  FAX:097-534-3669
メール:jom-21@josei-oita.jp

企画お申し込みフォーム


 ■12月号■
美味しいこみゅにてぃ
秋あがりと旬の会席膳を味わった至福の夜

毎年秋恒例の「西の関秋あがりを楽しむ」会を今秋も3密を避けながら10月23日に大分駅JR九州ホテル・ブラッサム大分8F「庭の食卓・四季」で開いた。
きょうも晴れ!にじいろ回覧板
佐藤京子さん、第7回日展洋画部門特選受賞

大分市を活動の場に「自分の世界」を貫く画家、佐藤京子さんの作品『マツ』(水彩100号)が改組新第7回日展で特選を受賞した。
あんな話こんな話ホットライン
城崎町にカメレオンショップ

「かわい〜い」若い女性に人気!大分市城崎町の197号線沿いにカメレオン・爬虫類ショップ「レプリオン」がオープンした。
芸能・文化トピックス
愛妻への思い綴った映画「感謝離ずっと一緒に」

2019年5月、朝日新聞「男のひといき」覧に投稿されたエッセイ「感謝離ずっと夫婦」。愛妻への思いを綴ったエッセイを実写化した映画が12月5日よりシネマ5で上映される。
あの時 あの頃の輝き
日田屋形船に遊んだ若き日の思い出

27年前の平成6年の6月、大分はじめ福岡から日田温泉三隈川沿いのホテル『山水館』に男女18人が集結し屋形船宴遊会をを開催。平成18年まで13年間続いた。
日々百景
生き残り組2人「兵どもが夢のあと」

前回の10月号に写真を挿入したためか、多くの方から激励の声を頂いた。その中に、昔の記者仲間の一人から思いがけない手紙を頂き、当時の思い出が浮かんできた。
イベントセレクト
映画、ギャラリー、コンサート等

12月26日より公開映画「燃ゆる女の肖像」、12月13日「九州交響楽団大分公演『ベートーヴェン』」、12月7日より「岡崎健治展〜女・女・女…展〜」他。
暮らしもっと素敵
ひとりぼっちのバレリィーナ

東京で暮らすライターのまなべようこさんが綴るエッセー。暮らしを素敵にする言葉の数々…。
平成時代の彩り 平成2年
30年前、大分の街づくり・街おこし

郊外に大型飲食店やアミューズメントが登場。個性的な味、音楽、ファッションが網羅しシティゾーンとして若者のハートを掴んだ。
Beth深春のタロット占い
12月の運勢「年末年始は近しい人と過ごして。」

西洋占星術・数秘術・タロットカードを組み合わせてサクッと答えるBeth深春さんの占い。



連載
■昭和ドキュメンタリー異聞 『残り炎』(10)
コラム
■メディアプラス『今の新聞人が忘れた記者魂。黒岩涙香没後100年の思い』
■紅の筆『気配りと忖度』
エッセー
Masukoの「元気の部屋」 vol.115
『「感謝する」ことに改めて気づかされた1年』/塚田益子(カーブス大分代表)



詳しくは月刊「JOSEI OITA」をお求め下さい。
発行
毎月25日
規格
A4版・カラー・16ページ
購読料
年間購読料・・・2,500円  自由時間クラブ「銀花」会員(50才以上)・・・2,500円
販売
1部 200円  ※晃星堂で販売中
購読のお申し込みは TEL:097-534-3610 FAX:097-534-3669 mail:jom-21@josei-oita.jp