クローズアップ2018
輝きの女たち
中川 望さん




イ ベ ン ト レ ポ ー ト


■第94回「料理とお酒を愉しむヨイナカ会」
春の酒楼はインスタ映えし、季節の酒肴味わい胸襟が開く。本誌主催の酒と料理を愉しむ「ヨイナカ会」を3月12日「ザ・ブリッジ」で行なった。この日は〈歌舞の菩薩〉だという。参加者は男女41名。東北の銘酒や鹿児島の芋焼酎片手に鰆の幽庵焼き、国産牛ローストビーフ、チラシ寿司等々8品を味わった。(3月12日)

■第10回プラチナフェア
この先どう生きるかー銀花世代恒例の第10回プラチナフェアが3月8日、グレーススクエアガーデンで開かれた。今回のテーマは「新しいコトにチャレンジする1年に!」。4人のゲストによるトークやストレッチ、ダンスを体験。日々の暮らしをもっと楽しく、ワクワクする新しい出会いと交流を楽しんだ。(3月8日)


■銀花倶楽部新年会
1月6日、気心知れた”銀花族”が集まり、都町3丁目の和風スナック「五万石」で新年会を開いた。60〜70代の”銀花族”にとって、酒屋での交流は心の拠ともなっている。この日、カウンターには、刺身の盛り合わせなど大皿に盛られた料理がずらり。大いに飲み、大いに語り、大いにカラオケして心身に活力を与えた。(1月6日)


■青い山脈会「異業種交流忘年会」
今年1年の活動を締めくくる異業種交流忘年会を12月19日にトキハ会館ローズの間で開いた。この日の参加者は約70名。ゲストはイケメン落語家の入船亭小辰さん。卓盛料理を囲んでのパーティー。カラオケ、お楽しみ抽選会、青い山脈の大合唱。会場いっぱいの輪になってジェンカを踊り。心も体もポカポカする忘年会だった。(12月19日)


■銘酒秋あがり&ふぐちりを味わう会
中央町「ふぐ良茶屋」で「秋あがり」と「ふぐちり」を味わう会が開かれ、洒落たシニア層56人が参加した。この日は仏パリで開かれたフードマッチングのコンテストで上位10銘柄に選ばれた西の関(萱島酒造)の『手造り純米酒』や西の関竹田蔵のむぎ焼酎「豊後清明」なども提供された。(11月22日)



 ※クリックすると、詳細が表示されます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:097-534-3610  FAX:097-534-3669
メール:jom-21@josei-oita.jp

企画お申し込みフォーム


 ■4月号■
赤レンガ館リニューアル
県特産品を販売、夜はワインも飲めるカフェ

大分市街地のシンボリックな建物、大銀赤レンガ館が3月20日リニューアルオープンした。憩いの場「タウトナコーヒー」、県産品140商品を販売する「Oita Made」、イベントスペースを設け、初日は多くの人で賑わった。
第10回プラチナフェア
新しいコトにチャレンジする1年に!

この先どう生きるか、やりたいことを実現。4人のゲストによるトークやストレッチ、ダンスを体験。日々の暮らしをもっと楽しく、ワクワクする新しい出会いと交流を楽しんだ。
ビューティー素肌美容はたの
肌にやさしいフリーハンドのエステ

”あなたの街のエステ屋さん”として多くの女性に親しまれているエステサロン「はたの」。ハンドマッサージから光脱毛まで。心身ともに癒され「きれい」を体感。
あんな話☆こんな話ホットライン
UDON CAFE「椿茶屋」

コンパルホール裏通りに1月オープンしたUDON CAFE「椿茶屋」。真っ赤なスープに卵がほどよく調和した、和風だしベースのトマ玉うどん。
酔まちの季
日本酒がすすむ「蕗味噌」

3月初め、唐突に2年前の蕗の薹料理を思い出し、小料理店「あーだこーだ」ののれんを潜った。口中いっぱいにほろ苦い風味が広がる「蕗味噌」はまさに我が人生。
神田松之丞独演会
今最もチケットが取れない講談界の若きスター

大分ガスが毎年開催しているチャリティー寄席が、4月15日19時から大分ガスショールーム・アスク大分で開かれる。今年は神田松之丞の独演会というビッグな寄席。
日々百景
真っ黒の土から生まれたダイコンの味

自宅での朝食に出た好物の「大根サラダ」。頂き物のそれは真っ黒な土が付いていたが、”大根役者”と揶揄に使われる大根は栄養価高い名優だった。
想い出ギャラリー
キャンペーン歌手来社アラカルト(下)

昭和58年1月号に登場し、「焼酎いただきました」と和田アキ子さん。女優として大きく成長した古手川祐子さん。50年代、中央で活躍した”豊後美人”。
あの頃ぶるーす
自慢の料理とおもてなしの心とを

32年間、ドライブ旅行の旅先で知り合った小料理の女将たち。酒肴を楽しみながら女将や地元民と情報交換するのが醍醐味。自慢の料理ともてなしの心。
回転木馬
モノクロ時代の街の輝き

昭和50年代古色蒼然とした居酒屋が、若者を集めていた。まるで”街の中の田舎家”のような佇まいをしている「無一文」に観た時代の風潮。



連載
■4月の運勢『花見時の冷えは体調不良の元になる』/Beth深春
コラム
■メディアチェック『目を見張った久々に”黒塗り”、天皇を削除した「週刊新潮」広告』
■紅の筆『等価原理』
エッセー
Masukoの「元気の部屋」 vol.83
『生きがいはメンバーさんの笑顔と楽しむ姿』/塚田益子(カーブス大分代表)



詳しくは月刊「JOSEI OITA」をお求め下さい。
発行
毎月25日
規格
A4版・カラー・16ページ
購読料
年間購読料・・・2,000円  自由時間クラブ「銀花」会員(50才以上)・・・2,000円
販売
1部 200円  ※晃星堂で販売中
購読のお申し込みは TEL:097-534-3610 FAX:097-534-3669 mail:jom-21@josei-oita.jp