MY LIFE 2020
輝きの女たち
高橋 鴿子さん




イ ベ ン ト レ ポ ー ト


■講演会に元気な青い山脈世代200名集う
「わたしたち元気!健康寿命をのばそう」をスローガンに青い山脈会が毎年開催する「第4回大分はつらつフェスタ」が1月20日ホルトホール大分小ホールで開かれた。講演会の講師は評論家の樋口恵子さん(87)。具体的なデータをあげながら、人生100年のセカンドステージ「女と男の生き方探検」を話した。(1月20日)


■60代~80代輝きのファッションショー
「シニア世代を元気に!」を活動テーマにする青い山脈会が1月20日ホルトホール大分小ホールで開催した「第4回大分大分はつらつフェスタ」。「ナイスガイ・ナイスレディファッションショー」にでは、地元で音楽活動をする方達とセッション。エントランスでは「美と健康相談・くらし楽しむ展」が3日にわたって開かれた。(1月20日)


■「泣いた赤おに」で笑った銀花忘年会
竹町広場から中央町商店街へ曲がってすぐ西へ走った通称相生通り。この一画、若草公園側へ抜けたビルの狭間「奥の細道」に立地した酒バー「泣いた赤おに」で12月9日18時から『銀花忘年会』が開かれ、男女17人が参加した。飲み放題、カラオケ放題、料理の持ち込みに、「歳月は人を待たず」の詩を実感させられた忘年の夜だった。(12月9日)


■銀花くらぶ「秋あがりとふぐちりを愉しむ会」
この秋恒例、西の関「秋あがりとふぐちりを楽しむ会」が9月26日、中央町のふぐ良別館で開かれた。懐かしい昭和時代の“車座”宴会に63名が参加。31年物の超辛口“えんとつ”や竹田蔵の豊後清明も全て飲み干し、日本酒を味わう定番メニューに酒もすすんだ。「いや~車座もたまにはいいね~」と素直な感想。(9月26日)

■銀花くらぶ「西の関ひやを愉しむ会」
日本酒とフランス料理のマッチングを味わう「西の関ひやを愉しむ会」が7月5日、フランス料理レストラン「プティアリサ」で開かれた。女性大分と萱島酒造の共催で開く夏恒例のイベント。今年は日本酒が好きな男女40名が参加。参加者には本誌創刊と同年代の夫婦もおり、各テーブル毎に楽しい会話が弾んだ。(7月5日)


 ※クリックすると、詳細が表示されます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:097-534-3610  FAX:097-534-3669
メール:jom-21@josei-oita.jp

企画お申し込みフォーム


 ■2月号■
第4回大分はつらつフェスタ
樋口恵子氏講演会「超高齢社会の主役は女性です」

毎年開催する「大分はつらつフェスタ」が1月20日ホルトホール大分で開かれた。メインイベントである樋口恵子氏の講演会には200名が集い、本格的な老いに向かっていく今どうしたらいいのか。シニア世代が熱心に聴きいった。
第4回大分はつらつフェスタ
感動したシニアファッションショー

1月20日ホルトホール大分(小ホール)で60代からの輝きのファッションショー「ナイスガイ・ナイスレディファッションショー」が開かれ、モデルに応募した60代から80代女性18名が華やかにランウェイを歩いた。
旅するグルメ
和食のルーツは「食い倒れの町」大阪

本誌主催のオリジナルツアーは現在までに48回を数える。旅の中で最も重視したのが旅先で育まれた和食。大阪のきつねうどんの味は未だ味蕾に残り、関西圏姫路ツアーの穴子刺し、穴子丼には舌が騒いだ。
きょうも晴れ!にじいろ回覧板
理学療法士の宮脇さん、2・3月に健康講座

理学療法士、健康指導者として幅広く活動する宮脇将弘さんの健康講座「人生、たのしく、おもしろく!」が2月から3月にかけてコンパルホール4階405和室で開かれる。
あの時 あの頃の輝き
身障者家族のための「麦の家」に吉岡賞

昭和63年頃、若手建築家に贈られる「吉岡賞」を受賞した日本RCBホーム代表取締役で一級建築士の首藤広剛さん。本誌でも昭和59年、昭和63年に彼を2度紹介されている。
街のいろどり
目立つ 街におしゃれなシニア女性

今、60代から70代がおしゃれで元気。女性大分が銀花世代を対象に企画している「素敵に変身フォト」の中心も60代。ドレスアップしてプロにヘアメイク。輝きの1枚を写真に残そうというプラン。
イベントセレクト
映画、ギャラリー、コンサート等

2月29日より公開「風の電話」、2月2日市民が参加し創り上げるグランツたけた廉太郎企画「三善晃×近藤良平 瀧廉太郎“日本の四季”を歌う!踊る!」2月12日より「綿引明浩展~Nostalgia『寓話的風景』~」。
暮らしもっと素敵
麗しい二月の女性よ

東京で暮らすライターのまなべようこさんが綴るエッセー。暮らしを素敵にする言葉の数々…。
わたしたちの青春時代
昭和47年をセレクション

全国舞踊コンクールで第3位入賞したバレリーナ、ゴルフ・モータースポーツに賭けるスポーツレディ、染色で日本の美しさを表現した女性、病気を克服し絵一つの世界へ思いを強くした女性。この時代に青春を謳歌した彼女たちを再びピックアップ。
結城真の昭和ぶるーす
「男そこのけお馬が通る」女子高騎馬戦

昭和57年10月9日、大分県立女子高校の騎馬戦は伝統的なプログラム。号砲一発、紅白の鉢巻きを締めた騎馬戦の女学生らの、まるで「男そこのけ、お馬が通る」の如く赤い気炎に包まれた。



連載
■2月の運勢 『乾燥対策は万全に。』/Beth深春
コラム
■メディアプラス『取材のタブーに挑み続ける東海テレビ。テレビの存在価値問うドキュメンタリー制作』
■紅の筆『苦しみの日々』
エッセー
Masukoの「元気の部屋」 vol.105
『新年は「自分軸」でものを考え行動しよう』/塚田益子(カーブス大分代表)



詳しくは月刊「JOSEI OITA」をお求め下さい。
発行
毎月25日
規格
A4版・カラー・16ページ
購読料
年間購読料・・・2,500円  自由時間クラブ「銀花」会員(50才以上)・・・2,500円
販売
1部 200円  ※晃星堂で販売中
購読のお申し込みは TEL:097-534-3610 FAX:097-534-3669 mail:jom-21@josei-oita.jp