クローズアップ2018
輝きの女たち
田口 由香里さん




イ ベ ン ト レ ポ ー ト


■海辺のDISCO NIGHT 2018
70年代から80年代のディスコミュージックが踊る人も聴く人も熱くした8月24日。大分市内のトップスビッツホールで「海辺のディスコナイト2018」が開かれた。プロデュースはディスコ界のカリスマDJ丸田珠璃さん。40〜50代を中心に、上は70〜80代まで約350人の”若もの”の熱気に包まれた。(8月24日)

■夏の読者交流会
本誌恒例、夏の読者交流会は7月11日(水)の宵、中央町の「ふぐ良茶屋」で開いた。参加者は男女64人。「ふぐ良茶屋」夏のビアバルに協賛した今回の目玉は、ミニふぐ刺し付き及び週替わりで登場する100種類の小鍋。これにバイキング料理・焼酎・ワイン等ドリンク14種飲み放題。特に小鍋は大好評だった。(7月11日)


■西の関ひやと旬の創作会席を愉しむ会に63名
毎年恒例の「ひやをロック」で愉しむ会が6月22日18時30分からブラッサムホテル8F庭の食卓四季で開かれた。参加者は63名。夏限定の「ひや」はロックが一番。キリッとした涼味が口に広がり刺身や前菜、地鶏のステーキ、蕎麦に最適。後味も爽快。他に千三百年の祈り、ささのはさらさら、焼酎「清明」も味わった。(6月22日)


■美肌食を作って食べる料理教室
家では絶対できないプロの味を堪能しました!「美と健康」イベントの一環「美肌食を作って食べる料理教室」を田北料理学院で6月20日に開いた。参加者は約50名。講師は美と健康にこだわった創作料理が評判の由布院美肌のお宿「風の森」の甲斐洋一料理長。レストランで食べるような一品に満足の教室だった。(6月20日)


■銀花倶楽部のおしゃれ着物フォト「変身フォト企画」
桜の季節、おしゃれに着物フォトを楽しむ銀花倶楽部の「変身フォト企画」が4月上旬、グレーススクエアガーデンで開かれた。それぞれの着物に合ったヘア・メイク・着付はベテラン美容師の技。アングルやシチュエーションを変えてプロのカメラマンによる撮影。このあと1階カフェでお茶を楽しみながら話に花が咲いた。(4月5日)


 ※クリックすると、詳細が表示されます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:097-534-3610  FAX:097-534-3669
メール:jom-21@josei-oita.jp

企画お申し込みフォーム


 ■10月号■
美しく若返るレストラン
プティ アリサ

8月下旬、市内千代町のさかえ写真館1Fにオープンしたレストラン「プティ アリサ」。自社農園オーガニック野菜や厳選した調味料をベースに美肌料理を提供してくれる。
アートと遊ぼう
宮崎勇次郎展、国民文化祭等

アートプラザ開館20周年記念、背景絵師宮崎勇次郎「大大分絵図」。世界の巨匠が別府で新作発表「アニッシュ・カプーアinBEPPU」等。
健康寿命推進フォーラム
腕は振らず小股で歩く!

「百歳まで歩く」には、正しい歩行と正しい姿勢をキープすること。「健康寿命日本一おおいた」を目指す推進フォーラムが9月16日コンパルホールで行われた。
コンサート「スコーピオンの夜会」
真部美知子・中井裕司のコンビ再び

クラシックコンサートなのに、つい笑ってしまう。まるで鴛鴦夫婦のようなトークが会場を沸かせる「スコーピオンの夜会」が10月23日に開かれる。
豊乃国美人の昭和史
陸軍大臣から2回感謝状「平岩マツ」

国防資材の献納、出動軍隊への多額な恤兵の寄付により、陸軍大臣から2回感謝状をもらっている平岩マツ。家に住み込んだヤクザの夜桜銀次にも説教をしている。
日々百景
夢を実現し旅だった水墨画家「夢凰」

中国留学から帰郷後「夢凰」の号で活躍していた水墨画家の詫間文男さん。取材の際、社会を風刺した漫画をマッチの軸で素早く書き上げていたのには驚いた。
イベントセレクト
映画、ギャラリー、イベント等

10月13日より公開映画「日日是好日」。10月2日から大分県立美術館で展示「『海と宙の未来』展」。10月8日は目の無料検診や健康講座「アイフェスタin大分」等。
昭和ぶるーす
昭和50年代に出会ったキャラクターたち

昭和50年代の大分シティはブティック、喫茶店が繚乱。若い女性もまた躍動していた。筆者40代、精力的にキャラクターの掘り起こし取材に日夜飛び回っていた。
回転木馬
温故知新

東京から持ち込んだ辻馬車による市中パレードで開幕した「大分パルコ」の開店。日比谷の「松本楼」のコース料理も登場。34年間の足跡を遺し平成に撤退。
moga・moboセレナーデ
久々の別府路地裏居酒屋めぐり

先日週末、本誌「銀花倶楽部」の呼びかけで久々に別府路地裏居酒屋めぐりを楽しんだ。美味しくて低料金も魅力的。



連載
■10月の運勢『体力増進に努めて。』/Beth深春
コラム
■メディアチェック『内部留保は過去最高446兆円 。米中摩擦に100兆円動かす女性』
■紅の筆『バランス』
エッセー
Masukoの「元気の部屋」 vol.89
『「結果」を認めその「原因」の思いをさぐる』/塚田益子(カーブス大分代表)



詳しくは月刊「JOSEI OITA」をお求め下さい。
発行
毎月25日
規格
A4版・カラー・16ページ
購読料
年間購読料・・・2,000円  自由時間クラブ「銀花」会員(50才以上)・・・2,000円
販売
1部 200円  ※晃星堂で販売中
購読のお申し込みは TEL:097-534-3610 FAX:097-534-3669 mail:jom-21@josei-oita.jp