クローズアップ2018
輝きの女たち
秋元 希美さん




イ ベ ン ト レ ポ ー ト


■夏の読者交流会
本誌恒例、夏の読者交流会は7月11日(水)の宵、中央町の「ふぐ良茶屋」で開いた。参加者は男女64人。「ふぐ良茶屋」夏のビアバルに協賛した今回の目玉は、ミニふぐ刺し付き及び週替わりで登場する100種類の小鍋。これにバイキング料理・焼酎・ワイン等ドリンク14種飲み放題。特に小鍋は大好評だった。(7月11日)


■西の関ひやと旬の創作会席を愉しむ会に63名
毎年恒例の「ひやをロック」で愉しむ会が6月22日18時30分からブラッサムホテル8F庭の食卓四季で開かれた。参加者は63名。夏限定の「ひや」はロックが一番。キリッとした涼味が口に広がり刺身や前菜、地鶏のステーキ、蕎麦に最適。後味も爽快。他に千三百年の祈り、ささのはさらさら、焼酎「清明」も味わった。(6月22日)


■美肌食を作って食べる料理教室
家では絶対できないプロの味を堪能しました!「美と健康」イベントの一環「美肌食を作って食べる料理教室」を田北料理学院で6月20日に開いた。参加者は約50名。講師は美と健康にこだわった創作料理が評判の由布院美肌のお宿「風の森」の甲斐洋一料理長。レストランで食べるような一品に満足の教室だった。(6月20日)


■銀花倶楽部のおしゃれ着物フォト「変身フォト企画」
桜の季節、おしゃれに着物フォトを楽しむ銀花倶楽部の「変身フォト企画」が4月上旬、グレーススクエアガーデンで開かれた。それぞれの着物に合ったヘア・メイク・着付はベテラン美容師の技。アングルやシチュエーションを変えてプロのカメラマンによる撮影。このあと1階カフェでお茶を楽しみながら話に花が咲いた。(4月5日)


■第94回「料理とお酒を愉しむヨイナカ会」
春の酒楼はインスタ映えし、季節の酒肴味わい胸襟が開く。本誌主催の酒と料理を愉しむ「ヨイナカ会」を3月12日「ザ・ブリッジ」で行なった。この日は〈歌舞の菩薩〉だという。参加者は男女41名。東北の銘酒や鹿児島の芋焼酎片手に鰆の幽庵焼き、国産牛ローストビーフ、チラシ寿司等々8品を味わった。(3月12日)

 ※クリックすると、詳細が表示されます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:097-534-3610  FAX:097-534-3669
メール:jom-21@josei-oita.jp

企画お申し込みフォーム


 ■9月号■
健康と美肌料理レストラン
プチ アリサ

由布院の美肌料理を提供する旅館「風の森」。そこで腕をふるう甲斐料理長がプロデュースするレストランが8月29日大分市千代町にオープンした。
ジャズで街を盛りあげよう
府内5番街まちなかジャズフェスタ

2015年にスタートした「まちなかジャズフェスタ」。今年は9月2日に開催される。昨年同様、県内外から約200名のプレーヤーの出演が予定されている。
豊乃国美人の昭和史
美貌の女流歌人「丸山待子」

昭和三年、浅利良道氏、瓜生鉄男氏と丸山待子は短歌誌「大分歌人」を主宰刊行した。彼女は「アララギ」同人としても全国的に注目されていた女流歌人であった。
大人セレクション
古の器の世界に誘う古美術の店

中央町セントポルタ商店街に面した小さな古美術の店「陶屋」。室町時代から江戸中期、幕末から昭和初期の器が所狭しと並び、現代作家の作品もあり手頃感で求められる。
出会いから子育てまで支援
結婚を望む人たちをサポート

6月下旬、大分市オアシスひろば21にオープンした「OITAえんむす部サポートセンター」。県が「本気で出会いを応援する」プロジェクト。
美味しい・こみゅにてぃ
川柳で揶揄された「お通し」

サービスの如く出し代金取るお通し。無料か有料か業界でも論争。注文もしないのに勝手に出した等と、客とのトラブルの元になっている。
イベントセレクト
映画、ギャラリー、イベント等

9月8日より公開映画「グッバイ・ゴダール!」。10月5日から大分市美術館で展示「岩合光昭写真展『ネコライオン&ねこ科』」。国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭よりピックアップ。
観世清和、野村萬斎ら出演
豊後ノ國 府内薪能 10月20日

豊後ノ國府内薪能実行委員会は「国民文化祭/全国障害者芸術・文化祭」リーディング事業の一環として流派を超えた薪能公演を開催する。
回転木馬
温故知新

昭和40年代、この街ではトキハ北通りから若松通り商店街で商業ビルが注目されていた。初の神戸牛カレー、中心街で初めてのピザ料理も。
あの頃ぶるーす
昭和50年代に出会ったキャラクターたち

昭和50年といえば戦後最大の不況期。だが時代は経済高度成長期とあって、大分市街には、キャラクター豊かな若者たちが躍動していた。



連載
■9月の運勢『連休で夏の疲れを払おう。』/Beth深春
コラム
■メディアチェック『こころが貧しい代議士の〝軽口〟 「LGBTは生産性ない」は大間違い』
■紅の筆『問う力』
エッセー
Masukoの「元気の部屋」 vol.88
『筋トレと骨格バランスを整えるファクトリー』/塚田益子(カーブス大分代表)



詳しくは月刊「JOSEI OITA」をお求め下さい。
発行
毎月25日
規格
A4版・カラー・16ページ
購読料
年間購読料・・・2,000円  自由時間クラブ「銀花」会員(50才以上)・・・2,000円
販売
1部 200円  ※晃星堂で販売中
購読のお申し込みは TEL:097-534-3610 FAX:097-534-3669 mail:jom-21@josei-oita.jp