MY LIFE 2020
輝きの女たち
さつ(SATSU)さん




イ ベ ン ト レ ポ ー ト


■講演会に元気な青い山脈世代200名集う
「わたしたち元気!健康寿命をのばそう」をスローガンに青い山脈会が毎年開催する「第4回大分はつらつフェスタ」が1月20日ホルトホール大分小ホールで開かれた。講演会の講師は評論家の樋口恵子さん(87)。具体的なデータをあげながら、人生100年のセカンドステージ「女と男の生き方探検」を話した。(1月20日)


■60代~80代輝きのファッションショー
「シニア世代を元気に!」を活動テーマにする青い山脈会が1月20日ホルトホール大分小ホールで開催した「第4回大分大分はつらつフェスタ」。「ナイスガイ・ナイスレディファッションショー」にでは、地元で音楽活動をする方達とセッション。エントランスでは「美と健康相談・くらし楽しむ展」が3日にわたって開かれた。(1月20日)


■「泣いた赤おに」で笑った銀花忘年会
竹町広場から中央町商店街へ曲がってすぐ西へ走った通称相生通り。この一画、若草公園側へ抜けたビルの狭間「奥の細道」に立地した酒バー「泣いた赤おに」で12月9日18時から『銀花忘年会』が開かれ、男女17人が参加した。飲み放題、カラオケ放題、料理の持ち込みに、「歳月は人を待たず」の詩を実感させられた忘年の夜だった。(12月9日)


■銀花くらぶ「秋あがりとふぐちりを愉しむ会」
この秋恒例、西の関「秋あがりとふぐちりを楽しむ会」が9月26日、中央町のふぐ良別館で開かれた。懐かしい昭和時代の“車座”宴会に63名が参加。31年物の超辛口“えんとつ”や竹田蔵の豊後清明も全て飲み干し、日本酒を味わう定番メニューに酒もすすんだ。「いや~車座もたまにはいいね~」と素直な感想。(9月26日)

■銀花くらぶ「西の関ひやを愉しむ会」
日本酒とフランス料理のマッチングを味わう「西の関ひやを愉しむ会」が7月5日、フランス料理レストラン「プティアリサ」で開かれた。女性大分と萱島酒造の共催で開く夏恒例のイベント。今年は日本酒が好きな男女40名が参加。参加者には本誌創刊と同年代の夫婦もおり、各テーブル毎に楽しい会話が弾んだ。(7月5日)


 ※クリックすると、詳細が表示されます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:097-534-3610  FAX:097-534-3669
メール:jom-21@josei-oita.jp

企画お申し込みフォーム


 ■8月号■
ちかばルート
ななせダムと道の駅のつはる

野津原町を流れる七瀬川に昨年11月完成した「ななせダム」。周辺道路の整備が終りダム湖周辺を通行できるようになった。
きょうも晴れ!にじいろ回覧板
ジュエリーもデジタル時代

ジュエリー作家として活動する大嶋恵美子さんが、遊歩公園沿いの大手町ビル1階に工房「エデン」を4月にオープンした。
With コロナ「新しい生活」を考える
スーパーマーケットの裏側で

長期にわたるコロナ禍。これからの私たちの生活は何が変わり、何を求められるのか。東京都市大学名誉教授・中原秀樹氏に聞いた。
芸能・文化トピックス
朗読劇「蝉なきやまず」オンライン配信

毎年8月に大分の空襲を語り継ぐ朗読劇「蝉なきやまず」を公演してきた「おおいた演劇の会」。今年はコロナ禍により8月30日にYouTubeで配信する。
あの時 あの頃の輝き
庶民派政治家“おたかさん”が来分

「おたかさん」こと社会党土井たか子衆議院議員が来分したのは、1986年11月30日。本誌木村智子編集長がインタビューを行った。
日々百景
病名の「白血病リンパ腫」に頭真っ白

県病の血液内科に入院してい5日目の7月3日。担当医から「成人T細胞白血病リンパ腫」と病名を告げられ、頭の中が真っ白になった。
結城真の想い出ぼろぼろ
絵画と愛犬と…夢を追い自由を貫いた井上俊子さん

愛犬と暮しながら趣味の絵を描き、絵本を出版してきた井上さん。生活者としての観察力はリベラルで、街の景観に苦言を呈することも多かった。
暮らしもっと素敵
大いなる夏に乾杯

東京で暮らすライターのまなべようこさんが綴るエッセー。暮らしを素敵にする言葉の数々…。
フラッシュバック2003
海外で働く大分出身の女性たち

韓国の中学で日本語を教え、将来は韓国語教師を目指す橋本奈苗さん。日本の裏に位置するメキシコに語学留学し新婚生活を送る中川智子さん。
Beth深春のタロット占い
8月の運勢「冷房対策を考えて。」

西洋占星術・数秘術・タロットカードを組み合わせてサクッと答えるBeth深春さんの占い。



連載
■昭和ドキュメンタリー異聞 『残り炎』(6)
コラム
■メディアプラス『痛烈なメディア批判「女帝 小池百合子」「カイロ大学を首席で卒業」の実像に迫る』
■紅の筆『抗議のエネルギー』
エッセー
Masukoの「元気の部屋」 vol.111
『コロナ禍が新しい「カーブス大分」を生む』/塚田益子(カーブス大分代表)



詳しくは月刊「JOSEI OITA」をお求め下さい。
発行
毎月25日
規格
A4版・カラー・16ページ
購読料
年間購読料・・・2,500円  自由時間クラブ「銀花」会員(50才以上)・・・2,500円
販売
1部 200円  ※晃星堂で販売中
購読のお申し込みは TEL:097-534-3610 FAX:097-534-3669 mail:jom-21@josei-oita.jp