クローズアップ2018
輝きの女たち
薬真寺 かおるさん




イ ベ ン ト レ ポ ー ト


■銀花倶楽部新年会
1月6日、気心知れた”銀花族”が集まり、都町3丁目の和風スナック「五万石」で新年会を開いた。60〜70代の”銀花族”にとって、酒屋での交流は心の拠ともなっている。この日、カウンターには、刺身の盛り合わせなど大皿に盛られた料理がずらり。大いに飲み、大いに語り、大いにカラオケして心身に活力を与えた。(1月6日)


■青い山脈会「異業種交流忘年会」
今年1年の活動を締めくくる異業種交流忘年会を12月19日にトキハ会館ローズの間で開いた。この日の参加者は約70名。ゲストはイケメン落語家の入船亭小辰さん。卓盛料理を囲んでのパーティー。カラオケ、お楽しみ抽選会、青い山脈の大合唱。会場いっぱいの輪になってジェンカを踊り。心も体もポカポカする忘年会だった。(12月19日)


■銘酒秋あがり&ふぐちりを味わう会
中央町「ふぐ良茶屋」で「秋あがり」と「ふぐちり」を味わう会が開かれ、洒落たシニア層56人が参加した。この日は仏パリで開かれたフードマッチングのコンテストで上位10銘柄に選ばれた西の関(萱島酒造)の『手造り純米酒』や西の関竹田蔵のむぎ焼酎「豊後清明」なども提供された。(11月22日)


■本誌オリジナルツアー「相良藩城下町と人吉温泉」
昨年の熊本地震で中止になった相良藩3万5千石の城下町『人吉温泉』へ10月28日、1泊2日の貸切バスツアーを行った。参加者は男女17名。熊本城郭内のレストラン「城彩苑」での昼食、球磨焼酎ミュージアム見学での試飲、国の登録有形文化財に指定されている「芳野旅館」での宿泊等。(10月28日)

■夏野菜たっぷりと
スパイスヘルシークッキング講座

シニア野菜ソムリエ、アスリートフードマスターの坂本君枝さんを講師に迎え、アンチエイジング&代謝アップのヘルシークッキング講座を7月2日(日)13時半から大分ガスアスク大分で開いた。定員20名。抗酸化力の高い野菜をバランスよく摂る「タンドリー風ドライカレー」はおいしかった!グリーンスムージー、トマトと大分ねぎの胡麻ナムルも試食。参加者に好評だった。(7月2日)


 ※クリックすると、詳細が表示されます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:097-534-3610  FAX:097-534-3669
メール:jom-21@josei-oita.jp

企画お申し込みフォーム


 ■3月号■
旬のNEWS
女性起業家のアイデアコンテスト

大分県初の女性起業家向けビジネスアイデアコンテスト「おおいたスタートアップウーマンアワード」が3月2日、ホテル日航大分オアシスタワーで開かれる。
OTONA Selection
ファーデザイナー今井千恵さんが大分に

世界的に活躍するファーデザイナー今井千恵さんが2月上旬、市内中央町のブティックミチコが開いたファーファッション・ミニ展示会のため来店した。
健康講演会
2人のカリスマが語る健康講演会

ダイエットのカリスマ的存在、医学博士・大山良徳氏、日本肥満予防健康協会理事長・宮崎健爾氏による健康講演会が3月19日、コンパルホールで開かれる。
春スタイル
暮らしを楽しむECRU  &NEWS

年齢にとらわれず着る人の個性と服でミックス感のコーディネートが楽しめるセレクトショップ「エクル」が府内5番街からコンパルホール裏通りのBスクエアビル2階「&NEWS」内に移転オープンした。
かべ新聞
あちこちがんサバイバー。年間の死亡者は37万人!

退院6ヵ月が経過。この間、居酒屋めぐりを楽しむ過程で偶然に出会う「がんサバイバー」(がん経験者及治療中患者)に驚かされる。
想い出ギャラリー
キャンペーン歌手来社アラカルト(中)

大ヒット・小椋佳『シクラメンのかほり』。昭和50年代〜次々艶歌の名曲誕生。本誌にも新曲のキャンペーンで多くの新人歌手が来訪していた。
311いのちのわ
食から手づくり小物等ブースやフリマ展開

2011年3月11日に発生した東日本大震災。その翌年からスタートした「311いのちのわ」が今年も若草公園で開かれる。
回転木馬
”長浜さま城下町”盛衰記

灯りの消えた”昭和文化”の風情。かつて船村徹、ポール・モーリアが来街。置き忘れられた街づくりの基本。
あの頃ぶるーす
”ミクロネシアの真珠”サイパン島

戦後32年目に本誌オリジナルツアー「サイパン島の旅」。玉砕の武器残骸に戦争の空しさを感じさせられた。
酔いまちの季
「マリーン」の熱い夜、バーボン飲めば最高

ジャズシンガー「マリーン」をゲストにスウィングエコーズ・ジャズオーケストラが開かれた土曜の夜。ジャズカフェ「アルファ」はジャズファンの女性たちで満席。



連載
■3月の運勢『春の芽吹きを生活に取り入れて』/Beth深春
コラム
■メディアチェック『産経が誤報と批判で「おわび」、劣化したメディア界の”自立”』
■紅の筆『アイデンティティー』
エッセー
Masukoの「元気の部屋」 vol.82
『飛躍の1年に向けて新しいことにチャレンジ』/塚田益子(カーブス大分代表)



詳しくは月刊「JOSEI OITA」をお求め下さい。
発行
毎月25日
規格
A4版・カラー・16ページ
購読料
年間購読料・・・2,000円  自由時間クラブ「銀花」会員(50才以上)・・・2,000円
販売
1部 200円  ※晃星堂で販売中
購読のお申し込みは TEL:097-534-3610 FAX:097-534-3669 mail:jom-21@josei-oita.jp